こだわりのいっぴん

大納言印積層黒仕上三徳包丁

大納言印積層黒仕上三徳包丁210ミリをご紹介します。

材料はSLDニッケル積層材を使用、高度な技術で日本製包丁の特徴をよく造り出しています。

峰の厚みの材料を刃方に行くほどに鍛造して薄くし、更に研磨して刃を非常に薄くしています。
三徳包丁は、菜切り、牛刀、魚用と三種類の使えるようにと考えられた形状です。
積層した鍛え肌そのものは切れ味に関係ないですが、鍛治屋さんの腕の見せ所でもあるので手を掛けたことを表していると思います。

各写真をクリックすると拡大写真を御覧頂けます。
刃元
刃先
手作の鞘


上の写真の210ミリは外国へ出荷される予定の製品ですが、国内では165ミリが売れ筋で、その前後150ミリ、180ミリが主に使われるサイズです。

受注製作になりますので、納期、値段などはお問い合わせ下さい。

お問い合わせ、ご注文などは品名をお書きの上こちらへへメール下さい。

包丁トップへ

ホームページへ