こだわりのいっぴん

手造りの高級玄能金槌類

プロ用の高級玄能と、彫入り玄能をご紹介します。

左の写真をクリックすると拡大写真と説明をご覧戴けます。

仮枠用
『カクイ印ステン仮枠ハンマー』
カクイ印鉄製普通型が入荷しました。28/11/25
仮枠大工さんという職人さんが使う特殊ハンマーです。
鉄製もありますが、ここではステンレス製のさまざまな種類をご紹介しています。
全て当社がサンプルを提示して三条の職人さんに造って頂いたものです。

大工用
『天竜印鑢仕上げ舟手玄能』
仕上げを鑢仕上げにした舟手玄能です。
焼き入れもきちっとしていますので硬度はシッカリしています。
私が企画して職人さんにお願いして製品にしたもので、他の高級品と同様手造り品です。



『天竜印鑢仕上げ四角玄能』
仕上げを鑢仕上げにした玄能です。
非常に手間が掛かっていますので高価です。
見るからに、職人さんの手造りの味わいのある高級品です。
『天竜印手打ち四角と丸ダルマ玄能』
玄能は鋼を赤めて叩いて造りますが、そのままでは正確な形は出来ないため、グラインダーで整形して仕上ます。
この手打ち玄能は、グラインダーで仕上げしないで火造りしたままで仕上ています。
荒々しさと、職人さんの手造りの味わいのある高級品です。
『天竜印霞仕上四角と丸ダルマ玄能』
天竜印の霞仕上げの四角とダルマ玄能です。
鉢巻を鏡面磨きにして、胴はショット加工をして銀色に輝いています。
焼入れが良いので硬度はシッカリしていますし、仕上がりも最高です。
『天竜印手造り鎚目四角と丸ダルマ玄能』
熟練した職人さんの手造りの鎚目仕上げの四角とダルマ玄能です。
鎚目は手でコツコツと叩いて付けたものです。

『天龍印四角ダルマ玄能』
ダルマ玄能は特殊ですが、よく売れていますが、今までは全て丸型でした。
天龍の職人さんがダルマの四角玄能のサンプルを掲載したら時々売れ、今回6サイズのご注文で製作しましたのでご紹介しています。
左の写真をクリックすると専用ページが開きます。
『ご希望の図柄を特注彫した玄能』
下記の十二支彫も人気でしたが、お客様から彫の図案のご希望があり、それを特別に彫った作品が沢山あります。
写真に撮って置いたものをご紹介しているページです。



『天龍十二支手彫り玄能』
焼の良い天竜四角玄能に手彫りで十二支を彫りました。
彫は全て手彫りで、どの干支にも目玉に真鍮で象嵌がされています。
ご自分の干支を彫った玄能でお仕事をなさって下さい。
受注後に彫りに出しますので納期を見て下さい。

『広輝印霞仕上各種玄能』
手造りの本職用でも最高級の玄能で四角、八角、船手があります。
注文しても、職人さんが忙しくて、なかなか出来て来ません。
この度、在庫があって販売出来る品をお解り頂けるよう表示するようにしましたのでご覧下さい。

『藤六印ステンレス舟手玄能』
広輝と同じ工場のステンレス製の舟手玄能です。
霞仕上げとともに人気のある本職用の舟手玄能です。元々は名前のように船大工さんが使っていた形ですが、今では家大工さんには普通に使わていれます。
この形は関西以西で使われていたものが、段々に全国的に使われてるようになったものです。(今でも関東の方からも注文が入ることがあります)

『道心斉正行木目鍛え鋼付玄能』
現在製作される職人さんで鋼付をされるのは馬場政行さんだけではないでしょうか。
馬場さんの鋼付の中でも一番上手の作品が、木目鍛えいぶし仕上げですのでご紹介します。
左の写真をクリックすると詳しい説明をご覧になれます。

『鉋調整用純銅八角玄能』
鉋の刃を調整する時に私は商品に傷が付かないように木槌を使いますが、実際はもっと硬くて思い玄能で叩いた方が遥かに使い易いと思っています。実際に現場で鉋を実用なさる方はほとんどが玄能をお使いです。 この純銅の玄能は鉋に傷が着かず、なお使い易い鉋用の玄能として開発されました。

三条の名工長谷川重郷作『菱貫の玄能』
名工長谷川貫一郎の二代目として活躍された重郷さんのことと、作品をご覧頂ける入り口をまとめました。
更に、販売可能の在庫品を紹介したページ
の入り口を設けましたのでご覧下さい。


仮枠用
『仮枠ハンマーを八角加工』26/6/13
カクイ印のハンマーが出来なくなったら八角首のハンマーが無くなってしまいました。
熱心なお客様から、どうしても八角首が欲しいと言われて、他社の丸首ハンマーを地元の職人さんに加工して貰いましたのでご紹介します。
その後、彫物もしましたし、鉄製も八角に加工したのも掲載しててあります。

『カクイ印の黒檀柄と竹柄を他社の仮枠ハンマーに仕込みました。』
カクイ印のハンマーが出来なくなりましたが、カクイ印の仮枠用の柄のご注文を頂きます。
実際にご注文を頂いたものを写真でご紹介しているページです。
『鉄黒仕上入念彫仮枠ハンマー』
カクイ印が職人さんの廃業で出来なくなってからも沢山のお問合せを頂きました。
それで、少しでもカッコよい仮枠ハンマーを造りたいと考えまして、K打ちのハンマーに彫師さんのご協力を得て、今までの上彫の中でも人気の彫をした製品を造って卸で販売しましら、ご好評を頂きましたのでご紹介します。
その他と参考資料
『カクイ印舞台屋ハンマー』
演劇、撮影所などの大道具の職人さんが使う特殊ハンマーです。
鉄製磨き仕上げの2種類ををご紹介しています。
小振りな角箱屋で、櫃穴が長く、太い柄がはまり、柄が動かないように留め金がはまっています。
サイズはこのサイズが売れ筋ですが、大きなサイズを言われることもあります。
左の写真をクリックすると舞台屋ハンマーのトップが出ます。
『玄能用黒檀空柄』
最近、高級な玄能に使うのに黒檀の柄のご希望があります。
当社で原木から手配して三条の職人さんに加工してもらい、玄能の全サイズに使えるように3サイズを製作しました。
ご希望でしたら玄能に仕込みもさせて頂きます。

『玄能用グミの空柄』
玄能・金鎚の柄にグミの木が最適だと言われています。
順次入手しますのでその都度御紹介しています。


参考資料『名工 長谷川孝三郎の作品』
玄能・金鎚の名工として名前の高い孝三郎さんの作品をご紹介します。
各種の玄能の他に、刃物にも素晴らしい作品があります。
現在は体を壊されてから製作はしておられません。


『特注品・彫入り玄能』
玄能は職人さんの大切な表道具です。
その玄能に、縁起の良い彫をして愛用している方がおられます。
右の大型の二本は、飾り用に造られたものですが、左の小型のものは375gkの実用サイズで、道具に凝る職人さんが実際に柄を仕込んでお使いになるものです。
実際に、このサイズと上のサイズは時々ご注文を戴いています。


パチンコ釘調整用『パチンコ屋ハンマー』
このハンマーは、建築用とは関係がない商品ですが、ステンレス製で難しい仕事を職人さんが旨くこなして、当社が永い間納入していた商品でしたので、三条の職人さんの仕事として、ここでご紹介させて頂きます。

『カクイ印two‐by‐four用ハンマー』売り切れました。
仮枠ハンマーの伊予型をご覧になったお客様から、伊予型八角の形でtwo‐by‐four用のハンマーが出来ないかというご希望がありました。首の長さと釘抜きの角度にご指定があり、何回かスケツチを描いてやり取りの後に造ってもらいましたら、とても気に入って戴きましたのでご紹介します。
左の写真をクリックするとそのハンマーをご覧戴けます。

フリーティケットのトップへ

ホームページへ