SUKIYA ARCHITECTURE
 
 
Inn ASABA  Shuzenji Japan  1998 
Restaurant CHOYOKAN  Takada Japan  1995 
Inn HORAI  Atami Japan  1989 '80 '69 
 
 
 現代日本の建築の中で特異な存在である数寄屋建築を、我々はどう捕え、どう考えたらよいのだろうか。

 1587年の千利休の色付き書院は当時の建築様式にはない新しい空間であったといわれているが、そういわれる重大な特徴のひとつに反権力を表現した空間であるといえるのではないだろうか。それは完全なものではなかっただろうが、精神の内に反権力要素が内在し、それを見事に表現したところに新しさがあったと考えられる。その反権力精神は客殿の中で茶の湯の接客精神と結び付き、より昇華され、数寄屋を権力表現を持つすべての様式の範疇の外に置いたのであろう。

 建築には古来ごく庶民的なものを除いて、客殿に、城に、社寺仏閣に、それぞれの権力、武力、宗力を、民家にさえも財力を、というような建築を使う側の力の表現が要求された。従って使う側の身分に適合した形式が上限と下限を持って表現されなければならず、またその力の移り変わりにより新しい力の表現が必要となり、それに伴って新しい形式が生まれざるを得なかった。しかし客殿としての数寄屋は茶の湯との結び付きを持ったことにより客に対する一切の力の表現を取り去らねばならなかった。ゆえに、数寄屋と人間との関係は人間が主に、建築が従になり、真の意味で人間の側に主体性のある空間となった。このことは数寄屋建築をひ弱なものにしてしまったが、人間との関係を断ち切れない人間性豊かな空間として今日に至っている。

志水 正弘 新建築1981年7月号より



  What is it about sukiya architecture that makes it unique and still popular, after more than 400 years, among all the modern types of architecture in Japan?

  A revolutionary type of architecture was born in 1587 when Sen no Rikyu designed and built a reception hall called Irotsuki Shoin, which was one room of a large manor house. This was a unique type of architecture which was not designed to show the power or position of its owner. It could be called an anti-authoritarian type of architecture, different from the convention style of reception halls, castles, shrines, and temples which were designed to reflect political, religious and other forms of power.

  Rikyu's design brought together the tea ceremony and the human element in a new and simple form of space in which the person was the central theme rather than the style of architecture. This space creates an atmosphere soothing to humans and has been preserved in the tradition of sukiya architecture. Man's need for such amenity has resulted in the preservation of sukiya down to this day.


* HOME